Subscribe to my RSS feed

パンティ友達になったデリヘル嬢

パンティ友達になったデリヘル嬢
よくあるデリヘルのオプションサービスにパンティ持ち帰りと言うのがあります。
これはこれまでアダルトショップでいかがわしい買い物をしていた下着フェチには吉報です。
アダルトショップでも、着用した女の子の写真は付いていますが、こんなものは到底あてになりません。
ですから楽しむには、その写真を信じ込むしかなかったのです。
それが目の前で脱いでくれたパンティをくれるのですから、偽物の心配も無いのです。
さらに、リクエスト次第でおまんこ汁も付けてくれたりもしますから、はまってしまいます。
特にサービスのいいデリヘル嬢になると、ほとんどぐちょぐちょ状態にしてくれてラップで包んで手渡しです。
そんなデリヘル嬢はリピートしてしまいます。
パンティだけが目当てでも、染みは時間とともに乾燥化して匂いも消えてしまうからです。
リピートしてくれたお客は、結構良く覚えてくれているものです。
「ああ、染み付きパンティの人ね、今日はピンクだけど大丈夫かな?」と言う感じです。
「もうすぐデリヘル辞めるから、欲しくなったらメールちょうだいね」と意外な一言を浴びました。
そこで自分のアドレスを教えると、その場で早速メールをくれたのです。
「一枚3,000円で良かったら」と言うのです。
こんな若くてかわいい子のぐちょぐちょのパンティが3,000円なら文句ありません。
それに無駄にデリヘル店に基本料金を払わなくて済むのですから。

そう思って早速、次の日にメールを送ってみました。
すると、指定された住宅街のゴミ捨て場に置いておくと言うのです。
中身を確認したら、同じ場所にお金を置いておくようにとの内容でした。
会ってしまうと、いろいろ面倒になりかねないからと言うことのようでした。
そこで、その現場に行ってみると確かにそれらしい紙袋が置かれてあったので、すぐに中身をチェックしました。
いつものようにおまんこ汁のたっぷり染み付いたパンティで間違いなかったのです。
とても嬉しくて、すぐに現金を同じ紙袋に入れておきました。
中身だけを入れ替えたのです。
その匂いだけで完全勃起してしまいましたので、早速、車内でオナニーを開始せざるを得ませんでした。
その前にメールで「ありがとー、今からここで発射するから応援してて」と訳の分からないメールも送ったものです。
「うんうん、頑張っていっぱい出しちゃって」とメッセージが返ってきたので、車内で堂々とオナってしまいました。
無事、誰にも見つからず終了して「只今完了」と送ると、また「やったね、良かったあー」と一緒に喜んでくれたのです。

風俗店の新着情報

◆おまかせコース◆

☆60分→ ¥10000~(交通費・自宅出張費別途・チェンジ・キャンセル不可)

◆オールタイム割引◆

☆ 60分→ ¥2000引き
☆ 90分→ ¥3000引き
☆120分→ ¥3000引き
☆150分→ ¥3000引き
☆180分→ ¥3000引き


上にもどる